食に関する仕事に25年間携わりましたが、50歳での手術を契機に、体の負担を軽減するため、転職いたしました。そのおかげで時間的に余裕ができ、趣味の時間が増えました。

 栄養士として勤務していた頃は、癒されたくて置いたグリーンも枯らしてしまうありさまでした。お花屋さんの店頭で見かけたプリザーブドフラワーに魅かれ、アレンジを教えてくれる教室を探して通いました。休日のレッスンは楽しくて、ハーバリウム・アーティフィシャルフラワーアレンジ・ドライフラワー加工などを次々と習得しました。次は何を学ぼう、お花の教室を検索していて、何気なく見つけたフラワーワークスジャパン代表理事の谷川先生のブログ。思い切って体験レッスンを申し込み、往復5時間をかけてアトリエに伺いました。

「一生の花仕事」を目指して

イギリススタイルのフラワーアレンジは、美しさに魅かれて生花を選びました。これまで触れることのなかった生花の扱い方や、イギリススタイルのアレンジ法を学びました。60を過ぎてからのチャレンジでしたが、毎月レッスンに通い、フラワーワークスジャパンの認定校として「アトリエ桜木」を開校する事が出来ました。アトリエでは、資格取得コース・趣味のコースのレッスンを行っております。フラワーワークスジャパンの資格を取得する事が出来ます。

花仕事に必要な事


フラワーワークスジャパンでは、まず、どのような花仕事をしたいのかを、思い描くことから始まります。そして、そのために必要な技術を習得するコースを受講し、資格取得します。並行して開講される花仕事支援セミナーでは、個々に花仕事を構築し、これから自分のするべきことを明確にしていきます。その結果、短期間で目標とする花仕事に辿り着く事が可能になりました。

静岡県のイギリススタイルフラワーアレンジメント教室

イギリススタイルのフラワーアレンジ教室は、関西の教室が多く、兵庫県の本校に通いました。花産業の盛んな「ふじのくに静岡」に開校できましたことは、何よりの喜びです。イギリススタイルのフラワーアレンジを学ぶことが出来る教室として、資格取得を目指す方、定年後の夢を目指す方を、応援してまいります。