イギリスの代表的な焼き菓子 スコーン、人気のrecipeとこだわりJammu

焼きたてが一番おいしい伝統菓子スコーンは、イギリスでは家庭によりレシピがあり、母から娘へと受け継がれているそうです。アフタヌーンティーに欠かせないスコーンには、こだわりの食べ方があることも良く知られています。スコーンに欠かせないジャム。とっておきの作り方をご紹介いたします。

伝統的な家庭菓子スコーン

スコーンの歴史

スコーンという言葉が確認される最古の記録は、スコットランドの詩人Gvavin Douglasが1513年に書いたものとされています。名前の由来は諸説ありますが、もともとはパンに近いもので、バノックが起源とされています。その後、ベーキングパウダーとオーブンの登場で、現在のようなふっくらとしたスコーンになり、スコットランドのみならず、イギリス全土に広がりました。夕食までの空腹を満たすアフタヌーンティーの定番として、少ない材料を使い短時間で作る事が出来るスコーンは、イギリスで愛され受け継がれてきました。

スコーンへのこだわり

素朴な焼き菓子スコーンは、生地に卵を入れたり、バターとラードを使ったり、レモンを加えたり、と様々なレシピがあります。共通しているのは砂糖とバターの使用量が少ない事でしょう。焼きあがったスコーンに、ベリーのジャムとクロテッドクリームをのせて食べるため、砂糖を控えて作ります。二つに割ったスコーンに塗る、ジャムが先かクロテッドクリームが先か、どちらを先に塗るのかは、重大な問題。論争になるほど、素敵なこだわりです。
シンプルな材料と作り方ですが、作り手やレシピにより、出来上がりに大きな差がでます。材料を厳選し、バターと粉を手で擦り合わせ、パン粉のように一体化させる作り方、ここにスコーンの奥深さが詰まっているようです。

スコーンの作り方

ティータイムを豊かにするスコーンの作り方をご紹介いたします。

材料 recipe

小麦粉 200g
ベーキングパウダー 小さじ2杯
バター50g
砂糖50g
牛乳100g

作り方

  1. ボウルに小麦粉・ベーキングパウダーを入れて混ぜます。
  2. 小さく切ったバターを加え、押さえるようにしてパン粉のような状態にします。
  3. 砂糖を加えて混ぜます。
  4. 牛乳を加え、練らずに、まとまるように混ぜてます。
  5. 生地を3cm厚さに伸ばし、12~14個に切り分けます。
  6. 200度に温めたオーブンで約15分、焼き上げます。

スコーンに欠かせないジャムとクリーム

ストロベリージャムの作りかた

様々なジャムがありますが、色鮮やかでおいしい、イチゴジャムの作り方をご紹介いたします。イチゴは洗ってからへたを取ります。水っぽくなるのを防ぎます。水が切れたら鍋に入れて煮ますが、砂糖を加えるタイミングで、出来上がりの状態が変わります。
パンに塗った時に粒が残るジャムがお好きな方は、イチゴと砂糖を鍋に入れて煮始めます。
それに対して、イチゴの形が残っているけれど、パンに塗った時にイチゴがつぶれるジャムにしたい場合は、イチゴだけ鍋に入れて煮始め、少しイチゴの汁が上がってきてから砂糖を加えます。焦がさないよう、汁が上がるまでは少し弱めの中火がおすすめです。砂糖を半分ほど入れ、溶けたところで残りの砂糖を加えると、焦げ付かずに砂糖が溶けます。鍋を傾けて、焦げ付いていないか、ときおり確認しましょう。
イチゴの粒が残らないジャムがお好きな方は、木杓子やへらなどで混ぜながらイチゴを煮ます。


イチゴが煮詰まってきたら、レモン汁を加え、煮詰めて出来上がりです。瓶で保存される場合は、仕上がりの見極め方として、水を入れた器にジャムを1滴落としてみてください。ぱあ~っと散ってしまわずに、形を保ちながら、底に沈んでいけば完成です。殺菌した瓶に入れて密封し、1年間は鮮やかな色合いで保存できます。

材料の目安です。イチゴ1500g、砂糖750g、レモン1個分のしぼり汁。ホーロー鍋が推奨されていますが、ステンレス製の鍋で大丈夫です。

クリームについて

イギリスではおなじみのクロテッドクリーム。バターより柔らかくさっぱりしていて、生クリームより濃厚です。日本でも、購入する事は出来ますが、賞味期限が短く、扱う店も少ないようです。そこで、スコーンを焼いている間に作る事が出来る、代用クリームのご紹介です。
良く冷やした純生クリームをシェイカーに入れ、4~5分振り続けるだけ。
シェイカーを振ると生クリームが泡立ち、はじめのうちは音がしなくなります。構わずそのまま振り続けると、バターと水分に分かれるため、音がするようになります。バターになる手前で振るのを止めてください。泡立てた生クリームとバターの中間の状態が、代用クリームの出来上がりの目安です。

おわりに

イギリスのお菓子の原点は家庭にあると聞きました。クリームでデコレーションしたケーキも好きですが、果物やカスタードクリームを添えた焼き菓子には暖かみを感じます。お手製のスコーンが、テーブルを飾るティータイム。保存食として自然の恵みを生かしたジャム。季節を大切にして味わう、心豊かなイギリススタイルに思いを馳せます。

ティータイムをお菓子と共に華やかに彩るのは、庭から摘んだお花です。ハーブやバラを使って作るイギリススタイルのアレンジメントを身近な材料で作りました。

初めてのフラワーアレンジメント、身近な材料でfirst arrangement

まずは体験レッスンから始めましょう!

フラワーアレンジを習ってみたいと考えてるけど、授業の内容や先生との相性も分からないとちょっと心配ですね。Atelier Sakuragiの体験レッスンは手ぶらで受講できます。
★体験レッスンは1~2名の少人数でおこないます。あなたの疑問や心配事にしっかりお答えします。
★体験レッスンの内容は通常の授業と同じです。今後の授業がどんなふうに進むのかもわかりやすく体験できます。
★体験レッスンは手ぶらで大丈夫です。必要な道具はすべて準備しています。